緑のシンフォニーやつしろ

JAやつしろは、
安全・安心な農産物生産のお手伝いしています。
八代の大地の恵みを
「安全」「安心」「新鮮」ともにお届けします。

代表のごあいさつ

JAやつしろは、わたしの誇りです。

JAやつしろのホームページをご覧いただき、誠にありがとうございます。

当JAがある八代地域は、九州の中心部に位置し、全国有数の農業が盛んな地域です。干拓事業によって広大な八代平野ができ、球磨川や氷川といった清流が潤し、肥沃な大地になっております。

当JAで生産されているブランド「はちべえトマト」、畳の原料「い草」、世界最大の柑橘類としてギネス登録されている「晩白柚」は生産日本一を誇ります。その他にも「イチゴ」や「メロン」などの施設園芸、干拓地のミネラルを多く含んだ「露地野菜類」全国有数の産地にも数えられる「生姜」、県内でも最も古い歴史を持つ「吉野梨」などバラエティ豊かな農産物を、生産者が情熱を持ち愛情をかけて全国各地へ出荷しています。JAやつしろの農産物は「おいしさ」と「安心」のブランドです。

JA事業は複数の事業からなる総合事業です。組合員の皆様からはもちろんのこと、地域の皆様から必要とされるJAとなるため、地域に根ざしたJAらしい魅力ある事業を今後も展開して参ります。

最後になりますが、今ホームページで皆様のお役に立てる情報等を紹介していきますので、末長くご愛顧いただきますようにお願い申し上げます。

代表理事

代表理事 組合長  山住 昭二

農協名 八代地域農業協同組合 (JA名:JAやつしろ)
代表者 代表理事 組合長  山住 昭二
所在地 〒866-0043熊本県八代市古城町2690
TEL・FAX TEL 0965-35-3333(代表)・FAX 0965-35-4813
組合員数 正組合員 6,509名 ・ 准組合員3,736名 ・ 合計10,245名※令和2年3月31日現在
設 立 平成7年7月1日
事業内容 購買・指導・販売・金融・共済・宅建・介護福祉・葬祭 などの総合事業
情報公開 ディスクロージャー誌
緑のシンフォニーやつしろ

『ハート(真心)』のある農産物と、夢のある農業・飛躍するJAを認識してもらうために・・・
光り輝く太陽の下で、広い八代平野の若葉は光をいっぱい浴び、安全・安心な新鮮農産物が生産されるイメージを出しています。
また、若葉は「やつしろ」の頭文字であるYの型どりでもあり、緑の大地とJAが未来へ飛躍するよう、右上がりに「緑のシンフォニーやつしろ」とキャッチフレーズをつけました。

緑のシンフォニーやつしろ
八代地域概要

JAやつしろは、八代海に向かって長方形に広がる八代平野と東部から県南にかけての山麓地帯からなっています。平野の2/3が干拓によって造成され、八代市地域を球磨川がその北部地域を氷川が流れ、平野をうるおしています。

交通・運輸については、九州自動車道、国道3号線、JR九州新幹線、JR鹿児島本線が南北へ平行して走っており、物資輸送の面も大変便利です。

一方、海上交通においても八代港が県南の貿易港として拡張され、貿易量も年々増加しています。さらに国道3号線・九州自動車道八代インターから八代港までの運送道路として、臨港線が開通しています。主要都市への距離は、福岡まで145km、大阪まで820km、東京まで1,460kmです。

八代地域概要

常勤理事・監事紹介

理事 監事
代表理事 組合長 山住 昭二 代表監事 遠山 正光
代表理事 副組合長 梅田 文夫 常勤監事 稲原 康知
代 表 理 事 専 務 濵田 哲治

令和2年6月20日に実施された第25回通常総代会で、役員改選が行われ、理事28名・監事8名が選任されました。

理事 監事
木村 晴子
本田 正剛
白石 節夫
福田 誠喜
千代永 博昭
草野 雄二
橋口 尚登
江﨑 和宏
山住 昭二
増田 広作
堀井 隆雄
林田 真一
本島 磧哉
下永 辰也
上村 清之
吉川 一壽
髙田 克昭
深川 良次
梅田 文夫
永田 和浩
松本 吉弘
奥田  衛
中田 浩司
森崎 正勝
寺田  浩
濵田 哲治
前田 るい子
鶴山 悦子
西田 憲男
村田 敬一
杉本  禅
遠山 正光
清田 主税
村上  恵
稲原 康知
一村 正司